日常生活の中で気軽に利用するはんこというと、やはりネーム印が挙げられます。スタンプが内蔵されていて、スタンプや朱肉などを利用せずに押す事が出来る便利な認印です。この他、ネーム印などが利用できない書類に利用する認印や銀行印、さらに印鑑登録する実印等、はんこの種類はたくさんあります。

はんこはその方が書類の内容について認めていますという時や、この内容に間違いがありませんという時に押すものもありますし、文字の修正、数字の修正などの際、訂正線を引いた上にその訂正をした人が押す訂正印等もあります。

はんこを押すという事には意味があり、簡単に押せるものと、簡単には押せないものがあります。簡単に押せる時にはほとんどの方がネーム印を利用しますし、簡単に押せない場合は実印や銀行印など、簡易に利用できるネーム印ではなく、印面がスポンジではない物を利用します。

印鑑登録に利用するはんこ、実印は大切な場面に利用するものなので、作る事になります。こうした印鑑を作る時に知っておきたい事を、みなさんに紹介します。以前は街のはんこの専門店などで作った方が多かったと思いますが、最近はインターネットのサイトではんこを作成できるようになっています。

実印は特に、サイズ、書体等しっかりと決めておくことが必要となりますし、長く利用するものだからこそ、ある程度品質の高いものとすべきでしょう。当サイトははんこ作成の際の注意点などをお知らせします。皆様のお役にたてたら幸いです。

Comments are closed.