作成してもらってはんこを購入

作成してもらってはんこを購入

管理人 No Comments

昔、印鑑登録するはんこを作った方は、とても長い時間がかかったという記憶があるでしょう。一般的に2週間くらいかかったものです。登録する印鑑は実印として契約などに利用する非常に大切な印となりますので、他に同じ物があってはならないのです。そのため、手彫りで細かく作られていて、費用も掛かりましたし、時間もかなりかかりました。

何かの契約をしたい時、印鑑登録を行っておらず、まずはんこを作るところから始まるので、契約まで結局1ヶ月近くかかってしまったという話などもよくありました。しかし今は、というと、注文して翌日出荷、その次の日にはお届けという非常に短いスパンで手に入れることが出来るため、本当に楽になりました。

金額はどうか?というと、黒水牛でも1万円以下から、ブラストチタンで2万円弱から、ブラックチタンで2万円から、くらいの金額です。この他にも、琥珀や牛角、楓等様々な素材があります。昔よく実印に利用していた象牙は、ワシントン条約の締約国会議において、国際取引が原則禁止となっています。現在、利用しないという店舗がほとんどで、これに変わる素材として、形が変わる事のないチタンが多く出ています。以前は5万以上する実印が多く、中にはものすごい金額で作る事もありましたが、現在、はんこは非常に金額が安くなっていて、登録するはんこについても安く、短い期間で購入できるようになっています。

実印を作る時のポイント

管理人 No Comments

印鑑登録するための印を作る時には、大切なときに利用する印がだからこそ、知っておくべきこと、作る際のポイントなどがあります。まず、印鑑登録のことですが、印鑑登録ができるのは「15歳以上」であり、登録できる印は「一人につき1つまで」です。

実印にするためのはんこを作る際のポイントですが、まず、長く利用するはんことなりますので、耐久性の高い素材で作るという事、また利用する書体については、偽造が出来ないようにするための書体を選ぶ事、サイズは承認されるサイズにする事、金額は、素材、書体、サイズに見合っている物を選択すること、以上です。

素材については古くから利用されているものとして、水牛、拓植などがあります。最近は特に形状が変わらないという事で、チタンを利用される方もいます。高品質で耐久性があり、かけたりしない素材を選ぶ必要があります。

書体については認印や銀行印の場合、楷書、行書などの読みやすい文字、わかりやすい文字が人気ですが、登録するはんこは偽造を防ぎたいので、篆書体(てんしょたい)や印相体などの、見ても読めないような複雑な書体がいいでしょう。

サイズは各役所、役場で規定サイズがあります。役場等に行くと、市民課などにサイズについての詳細が記されていると思いますが、一般的に13.5mmから18mm位です。

実印を作る

管理人 No Comments

はんこを作成するというと、多くは実印を作るという時になると思いますが、実印というのはどのようなはんこの事をいうのか、みなさんはご理解されているでしょうか。大事な時に利用する印、フルネームが入っている印等、実印に対するイメージはそれぞれ違うと思いますが、実印というのは、自分が住民登録をしている地域の各市区町村役場で印鑑登録を行った印をいいます。

実印を登録するというのではなく、登録されたはんこを実印というのです。通常、住民票には戸籍上の名前を申請しているためフルネームではんこを作る事が一般的なのですが、婚姻によって苗字が変わる事もあるので、女性は特に下の名前を利用して作る事が多いです。

この作成したはんこを役場に印鑑登録し、自分だけの印であることを証明する印鑑証明を手にすることで、本人が確かに本人だと証明できるようになります。なぜこのような証明が必要なのかというと、車や住宅を購入する際の契約書やローンを組む際の契約書、相続、債務の連帯保証人等、大きな金額が動く契約等の場面でなりすましなどがあっては困るからです。

契約等を行う時など、本人が本人であるという信頼性を高めるため、印鑑証明が必要となりその時、実印が重要な役割を果たします。この印は銀行員や認印としても利用出来ますが、万が一の際、トラブルが起こる可能性もあるので、出来れば使い分けた方がいいでしょう。

はんこを作成する

管理人 No Comments

日常生活の中で気軽に利用するはんこというと、やはりネーム印が挙げられます。スタンプが内蔵されていて、スタンプや朱肉などを利用せずに押す事が出来る便利な認印です。この他、ネーム印などが利用できない書類に利用する認印や銀行印、さらに印鑑登録する実印等、はんこの種類はたくさんあります。

はんこはその方が書類の内容について認めていますという時や、この内容に間違いがありませんという時に押すものもありますし、文字の修正、数字の修正などの際、訂正線を引いた上にその訂正をした人が押す訂正印等もあります。

はんこを押すという事には意味があり、簡単に押せるものと、簡単には押せないものがあります。簡単に押せる時にはほとんどの方がネーム印を利用しますし、簡単に押せない場合は実印や銀行印など、簡易に利用できるネーム印ではなく、印面がスポンジではない物を利用します。

印鑑登録に利用するはんこ、実印は大切な場面に利用するものなので、作る事になります。こうした印鑑を作る時に知っておきたい事を、みなさんに紹介します。以前は街のはんこの専門店などで作った方が多かったと思いますが、最近はインターネットのサイトではんこを作成できるようになっています。

実印は特に、サイズ、書体等しっかりと決めておくことが必要となりますし、長く利用するものだからこそ、ある程度品質の高いものとすべきでしょう。当サイトははんこ作成の際の注意点などをお知らせします。皆様のお役にたてたら幸いです。